ゲームサークル JOKER 2021.12.05

スコットさんに誘われて、船橋でのオープンゲーム会、ゲームサークルJOKERまで遠征してきました。



ボルスパ Völuspá
(説明 10分 プレイ時間 40分)
タイル配置のゲームです。タイルには1-8の数値が書かれており、配置したタイルの数値が、その列で他のすべてのタイルより大きな数値ならば、列の枚数だけ得点になります。ひとつでも配置したタイル以上の数値があると0点です。これを配置したタイルから縦列と横列で考えるので、うまく配置すれば大量得点になります。

これだけだと、単に大きな数字を引いたプレイヤーが買ってしまいますが、6以下のタイルはすべて特殊能力があります。1は周囲のタイルの数値を0という扱いにし、2は列の両端に配置すれば数値に関係なく得点、といった具合です。

5人だったので2手番先を考えることは困難で、その場で最善手を探すというパズルゲームっぽくなりました。悪くはないのですが、次回は是非2人でそんでみたいです。

結果:自分 72、いなっち 62、スコット 55、シラトリ 50、ミヤチ 48



ナナ Nana
(プレイ時間 各10分)
3枚組を集めるゲームですが、一種の推理ゲームです。自分が持っている情報がばれないように他の人の情報を得なければなりません。といってもそれはなかなか難しいものがあります。実は、自分がまだ出せない(最小最大ではない)カードについてあらかじめ探りを入れておくのが得策なのかなあ、と考えていました。

1戦目はいなっちさん、シラトリさん、スコットさんと自分の4人プレイでスコットさんの勝利。2戦目はShunさんも加わった5人プレイでShunさんの勝利でした。

結果
1戦目:スコット 勝利
2戦目:Shun 勝利



ボースト オア ナッシング Boast or Nothing
(プレイ時間 30分)
今回は5人プレイです。5人だと1トリック(1点)、0トリック(0点)なので、基本的にはトリックを取らないという方針になります。4人や3人だと1点になる場合が2トリックや3トリックなので、4人以下の方がタイトルにマッチして面白い気がします。とはいえ、5人でも十分楽しめました。

パスカードが強いので、パスカードのカウンティングは必須です。シンプルですが、勝ったスートが即座に一番弱くなるというのは、やはり面白いと思います。

結果:自分 5、Shun 4、スコット 4、シラトリ 3、いなっち 0



ホシゾラトリテ Starry Sky Trick-Taking
(説明 10分 プレイ時間 20分)
この日の一番の問題作。3人専用のマストフォロートリックテイキング風味のゲームです。実際はリードプレイヤー以外は裏向き同時出しなのでトリックテイクとは言わないと思います(この辺りは意見が分かれるかもしれません)。目的は夜空の点数(トリック数に近い概念)を正確に予想することです。

カードは赤青の2スート12ランクで、ランク1-6(小)と7-12(大)に分かれています。3人配りきりなので手札8枚でスタート。リードプレイヤーがリードしたら、他の2人は裏向きで選び同時公開します。ランクで小が多ければ最小値、大が多ければ最大値が勝ちます。ただし、過半数が出ていないスートは勝てません。マストフォローなので、前半は3枚が同じスートになりがちです。

黒い正方形のボードは夜空を表し、ここにあらかじめ1-12の数字が書かれたマグネットを星に見立ててちりばめておきます。トリックに勝つとボードに星をつなぐ線が描けます。星は今回のトリックで勝ったスートの数値を選び、そのスートと同色のペンで最大2本、ただし異なる色が交わってはいけません。星空には点数があり、線1本で1点、そして同色が交差すると1点です。

こうして7トリックでゲーム終了。最後に残った1枚に書かれた星空の点数が、実際と合致していれば勝利です。

トリックに勝つと線が引けるのは楽しいのですが、線にそこまで選択肢があるわけではありません。またトリックテイクでななく同時出しなので、1回も勝てないということもあり得ます。そうすると1度も線が引けずに寂しく終わるのです。

今回はまさにそういう状況で、自分は7トリック全敗でした。なので線が1度も引けずにゲームが終了してから、試しに引いていました。ゲームというよりは完全にアクティビティーだと思いますが、同時出しにしなければもう少しゲームになっていたかもしれません。

結果:結果失念(自分ではない)



サーオボロス Suroboruos
(プレイ時間 35分)
説明中からスコットさんが「面白そう」と興味を持ってくれました。競りの途中に宣言した数値に対応する場所にチップを置くというのが素晴らしいアイディアです。スコットさんが良いカードを競り落としてどんどん完成させ、終盤はゲームに全く参加しないのに勝てたということで、本人は腑に落ちないという感じでしたが、こういうスタイルの比較的短時間の競りゲームでは往々にして起こりうることだと思います。毎回異なる展開なので、また次回遊ぶのが楽しみです。

結果:スコット 470、Shun 370、自分 350、いなっち 360(脱落)



ノルンの船 Norun
(プレイ時間 10分)
毎回手持ちの数字チップを同時に公開して移動するゲーム。他のコマの上に乗っかると、下のコマが動くときに一緒に連れて行ってくれるので、なるべくこれを狙います。できるだけ遠くに移動するのが目的ですが、反対方向からやってくる隕石とぶつからないように、適度なところで止めることが大切です。今回は5人中3人(デルギィ、スコット、自分)は最後に隕石にぶつかり敗北。残った2人(Shun、いなっち)のうち、勝利を勝ち取ったのはいなっちさんでした。

結果:いなっち 勝利



ラマ ダイス L.A.M.A. Dice
(プレイ時間 10分)
最後はあまり時間がなかったので「ラマダイス」です。巷では「ラマ」よりも「ラマダイス」の評価が高い気もします。自分はやはり「ラマ」の方が好きですが「ラマダイス」はダイスゲームとしては優れているし中毒性があります。今回は、なんと3人が同じスコアで2位という展開でした。

結果:にった 10、Shun 18、スコット 18、自分 18、デルギィ 48



初めて参加したジョーカーでしたが、知人友人が何人かいたことがあり、とても楽しめました。帰りはスコットさんに誘われてハブというブリティッシュパブへ。ミスボド3次会で散々お世話になったハブですが、船橋にもあったのですね。


中央区ゲーム会 2021.11.28

ナナ Nana
(説明 5分 プレイ時間 各5-10分)
2日前にも遊んだ「ナナ」を再び遊びました。4人だと5人の時よりも揃えづらい気がします。5人の方が、次の手番までに得られる情報が多いからかもしれません。7を3枚揃えるのはかなり無理があると思っていましたが、2ゲーム目では7を3枚揃えて勝利。最もそれまでに2セットできていたので7に関する特別ルールを適用したわけではないのですが。

結果
1戦目:もっちぇ 勝利
2戦目:自分 勝利



ジキルvsハイド Jekyll vs. Hyde
(プレイ時間 30分)
ジキルとハイドに分かれて行う2人用のマストフォローのトリックテイクを2チームに分けて協力して遊びました。ジキルはハイドとのトリック数の差を少なくすることが目的で、ハイドは差を広げることが目的です。つまり大きく勝つか大きく負ければハイドが有利というわけです。トリック数の差だけ、ジキルコマがハイド側に進み、3ディール終了後に完全にハイド側に来てしまえばハイドの勝利です。

3スートには最初は優劣がありませんが、場に出た順番にスートの強弱が決まります。最初に出たスートが最弱で最後に出たスートが最強です。なので第1トリックのリードプレイヤーは必然的に最弱スートの決定権があるわけです。

3スートに属さないカードが4枚だけあり、これらのカードがプレイされたトリックに勝つと、もう1枚の方のスートに対応する特殊能力を行使するのです。能力には相手からトリックを2つ奪う、スートの序列を変える、などがあり、これらがかなり強力です。

今回はヨウさんとジキル側として戦い、最後に大差をつけて逆転劇を収めました。(写真撮り忘れ)

結果:ヨウ&自分(ハイド) 勝利、ミロ&もっちぇ(ジキル) 敗北



スピリット アイランド Spirit Island
(説明 40分 プレイ時間 150分)
この日のメインディッシュと言えるであろう「スピリットアイランド」です。色々なところで良い評判聞いていたので、遊んでみたかったゲームのひとつです。強力ゲームで迫り来る大量の敵をどんどんやっつけていくというものですが、ルールがかなり込み入っており、難しかったです。設定も最初はよくわからなかったのですが、結局は島にどんどんくる侵略者を原住民と一緒になって戦っていく、というものらしいです。

ボードは4つに分かれていて、自分のボードというのがあり、ほとんどそこで処理を行うのでソロプレイ感が高いです。カードのテキストも全て異なり、意味がわかりづらいものが多くて大変でした。また全体のゲームのダイナミクスが把握できず、終盤になってようやく、不安トークンを取り除くのが優先事項だというのがわかってきました。

こういう守りに徹するタイプのゲームをタワーディフェンスゲームというそうです(HAL99さんによる)。なぜこれが現在ギークで11位なのかは疑問に思うところで、苦しい繰り返しばかりなのでソロプレイや2人プレイ向きなのだろうと思います。

ダハンと呼ばれる原住民を表すコマがマッシュルームのようで、なかなか美味しそうです。あまりにも本物っぽいので、遊んでいるとマッシュルームのスープが飲みたくなってきます。

結果:敗北



サーオボロス Suroboruos
(プレイ時間 各25-30分)
こちらも2日前に遊んだ「サーオボロス」です。前回は手番プレイヤーの左隣りからビッドを始めていたのですが、正しいルールは手番プレイヤーがビッドを始めるということで、今回はそのルールで行いました。結構完成したカードが多く、フレンドリーな1戦目を制した後2戦目。今度は相手にコインを置かせないような意地悪なビッドが続きます。そして200店のカードの完成を優先してしまった自分は星がなくてなんと脱落。今回のゲームマーケットでは、いまのところこのゲームが一番面白いですね。また競りゲームの時代が来ないかなあ。

結果
1戦目:自分 400、もっちぇ 370、ミロ 340、ヨウ 200
2戦目:もっちぇ 280、ヨウ 210、ミロ 200、自分 290(脱落)



バイキング シーソー Viking See-Saw
(説明 5分 プレイ時間 10分)
イッテンが5つまとめて出版したファンブリックシリーズの4番目で、クニツィアがデザインしたバランスゲームです。傾いている海賊船の傾きが変わらないように上がっている方に自分の手持ちの荷物を載せます。失敗すると、海賊船の中央に積まれた荷物も引き取らなければなりません。中央の荷物は6個しかないので、合計で6回失敗すると終了です。あるいは、誰かが荷物を載せ切っても終了です。ちょっと昔の「キピット」を思い起こさせます。クニツィアのバランスゲームといえば「眠れるドラゴン/ドラゴニア」がありますが、こちらの方がコンパクトなので、持ち運びには良いと思います。

結果:もっちぇ 勝利



オッド ソックス Odd Socks
(説明 5分 プレイ時間 20分)
ベストと思われる3人で3ディール戦。勝とうと思うと負けてしまったり負けようと思っていると勝ってしまったりと、とにかく思っていたのと正反対の結果になってしまいます。最後に青のソックスを4つ戻して0の予定が4つ増えていたり。なぜこんなにうまくいかないのかは、わかりませんが、再び最下位でした。ヨウさんは3ディール目で0点を決めて1ディール目の点数を消して逆転勝利。

結果:ヨウ 5、もっちぇ 14、自分 17



ボースト オア ナッシング Boast or Nothing
(プレイ時間 20分)
最後は時間ギリギリでしたがトリックテイク「ボーストオアナッシング」です。目的は3トリックちょうど取る(1点)か、あるいはトリックをまったく取らない(2点)かのどちらかを達成することです。トリックごとに切り札が変わるのですが、それがうまく機能しています。感覚としては、スクイズのゲーム「スパー」っぽいですね。最初に5点達成すれば勝利ですが、最後は時間切れになってしまいました。

結果(途中終了):ヨウ 4、自分 4、もっちぇ 3


らうんどとりっぷ 2021.11.26

今回はゲームマーケットの戦利品を5種遊びました。



肛門で語る人生 Koumon de Kataru Jinsei
(プレイ時間 10分)
奇抜なタイトルで、かなり購入がためらわれたゲーム。しかし面白いという噂を聞いて買いました。0-5が8枚ずつ48枚を使った2枚同時出しのトリックテイクです。2枚のカードで2桁の数字を作りますが、順番は自由です。1と5の2枚だったら15でも51でも良いのです。ただし1桁の数字は作れず、00と出した時は100という扱いになります。大きな数字が勝つのですが、4枚切り札があり、さらに4枚は普段は最弱だが切り札が出た時にさらに切り札になる、というカードです(ちょっとドッペルコプフのシュベインとハイパーシュべインみたいですね)。各プレイヤーは出した数字を記録していき、これらの数字の和が最も大きいと脱落してしまいます。なので適度に小さな数字にした方が良いのです。

悪くないと思いますが、いくつか問題点があります。いちいち数字を記録していくという面倒さはさておき、最後は3枚で、これらは最も高い3桁の数字になるようにしなければならないうえ、手番ごとに2枚補充するので最後の補充で5が来てしまったらもうアウトです。最後の3枚は最大値でなく最小値を作るようにしていたら、まだ救いがあったと思います。また切り札が4枚というのはたった5−6トリックのメイフォロー(?)のゲームにしては多過ぎです。

結果:シミーズ 9(637)、自分 4(567)、名人 1(431)、一味 4(656脱落)
(括弧内は使用数字の和)



サーオボロス Suroboruos
(説明 15分 プレイ時間 35分)
カードを手持ちのコインで競り落とすゲームですが、他のゲームにはない工夫があります。競り落としたカードには2-9個の数字が書かれており、手番でこれらの数字でビッドすると、自分の手持ちのコインをカードの上に置きます。書かれた数字すべてにコインが置かれるとようやくそのカードは得点化されるというわけです。また、現在競っているカードに書かれた数字は、誰かがその数字でビッドすれば銀行からコインが乗ります。こういう時差のゲームは「ビッグチーズ」「スクエアオンセール」「ゴーストップ」などいろいろあり、好きなメカニクスです。他にもいくつか特殊カードがあったり、獲得した星シンボルによるボーナスや脱落があったりと、意欲的なデザインです。今回は、みな意地悪で、なかなか自分のカードにコインを置かせてもらえずに未完成のカードばかりになりました。シミーズさんが星を取れずに脱落。

結果:一味 470、名人 360、自分 360、シミーズ 470(脱落)



オーバー ポーション Over Potion
(プレイ時間 各15分)
クニツィアの「ポイズン」をリスペクとして作ったという、バースト系のゲームです。全員に12枚ずつ配った後、スタートプレイヤーが今回使うカード枚数を決め、全員が自分の手札から指定されたカード枚数を選んで伏せて裏向きに並べます。そしてスタートプレイヤーから順に自分が伏せた札の左端をプレイしていくのです。表向きにしてボード中央のポーションの瓶(フラスコ)に注ぐか、裏向きのままボードの端に置くか、チェックベルというマスに置いてマイナス点を取りつつラウンドを抜けるか、という3択です。

伏せたカードをすべてプレイして、スタートプレイヤーにカードがない状態になると、スタートプレイヤーがフラスコのカードを失点として引き取らなくてはなりません。なので、全員のカード枚数をある程度考えなければならないのです。カードの裏側の色によって、表の数字が異なるのですが、もう少し色ごとにメリハリをつけたほうが良いのではないかと思います。

結果
1戦目:一味 2、キノ 1、自分 1、シミーズ −14、名人 −24
2戦目:キノ 4、シミーズ −2、名人 −5、自分 −5、一味 −13



ナナ Nana
(プレイ時間 各15分)
トランプの「オーサー」と「メモリー(神経衰弱)」を合わせたようなゲームです。12ランク3枚ずつのカードを配り、6枚は裏向きに場札にして並べておきます。目的は同じ数字の3枚組を3組つくること。手札は常に数字の順に並べておきます。自分の手札も相手の手札も両端のカード(つまり最大か最小)しか出すことはできません。手番には手札から1枚(もちろん両端のどちらか)を出す、相手の両端のどちらか(最大または最小)を出してもらう、場のカードをめくる、ということを3回繰り返し、3枚が同数字だとそれらを獲得できます。途中で異なる数字が出て失敗したら手番終了で出したりめくったカードは全て戻します。

3枚組を3組作れば勝利ですが、和か差が7になるなら2組で勝利。また筋の7ならばその1組だけで勝利なのですが、このルールはあまり機能していないように感じました。それよりも手札に2枚同じ数字を持っていると非常に強いので、それを考慮したルールが欲しかったです。

今回は5人戦を2回。4人や3人だとまた感覚が変わるかもしれません。

結果
1戦目:キノ 勝利
2戦目:名人 勝利



光 蛍テープ オレンジ K889-1
(プレイ時間 60分)
プレイヤーは役割カードを一式持ち、それらの効果で自分の城に財宝を貯めていきます。そしてある程度貯まったら五右衛門に盗まれる前に埋蔵金として半分は確定できます。プレイヤーのカードの取り回しにもいろいろと工夫があるのですが、どうにも役割が限定的なものが多く、どうしようもないことが多かったです。全員の手番が終わるごとに五右衛門が暗躍するのですが、これもかなりランダムで、被害を受けるのは運次第という感じです。これだけ運要素が高いならば、もう少しカード効果などを簡潔にして、テンポよくプレイできるようにして欲しいです。ちょっと中途半端に思えました。また、カードの時代設定が、意図したかどうかはわかりませんが、鎌倉時代から江戸時代にまたがっておりかなりハチャメチャです。

結果:キノ 16、一味 13、自分 9、名人 7